2013年08月11日

阿蘇

阿蘇の駅前の温泉。意外と空いていてダラダラモード。 キャンプ場に荷物はおろして来たけど暑くて作業したくない。もう少し涼しくなるまで待とう。
image-20130811161005.png
posted by やじう at 16:11| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

山形うわの温泉 天神乃湯

山形の蔵王温泉に上る有料道路では無いほうの道の途中にある温泉。蔵王温泉まであと8kmぐらい。
途中で道を折れて細い道を少し走ったところにあってわかりにくいです。 元々露天しか無かったようですが2011年に内風呂もできたようです。建物はきれいでとても良いです。ロビーに飲泉できる場所もあってなかなか
よろしい。湯は蔵王温泉のように強力なインパクトは無いが普段使いとしては十分か。わずかながら湯船で塩素臭がしてしまうのが残念でした。
posted by やじう at 00:31| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

肘折温泉

3連休なのに超パワーダウンのため2日間はくたばっておりました。
これではイカンということで何度もフラレている山形の肘折温泉へ。
今年の冬は時間切れリタイア、昨年の夏は道中に車両故障でリタイア、その前は・・・。
山形とはいえなかなかアクセスの悪い山の中にあるので気楽に再トライという訳にもい
かず本日再トライとなりました。

大石田の町を過ぎて目的地へのアクセス路に近づいていくと「崩落のため通行止め」とある
ではありませんか。 ナビがその手前から通行止めだと何度も警告していたのはこのことだ
ったのか。しかし今回は迂回路ありとのことで農道と林道に毛が生えたような道を通って肘
折温泉到着いたしました。

DSC05626-2.JPG
肘折温泉いで湯館 
立派な建物の3階に風呂があります。泉温高く加水はあるがかけ流し。注ぎ口では透明に見え
ますか湯船では少し緑がかっています。ちょいとヌルヌル感あり。 3連休最終日だというの
にほぼ貸し切り状態でした。
なんという贅沢。あぁやっぱり東北はいいなあと思うのでありました。
350円 洗剤、ロッカーあり。この施設でこの料金、このガラガラ感だと心配になります。 

この温泉の南側、寒河江方面の国道は何とダートなのです。 最近あんまり見かけないオフ
バイクの集団ともすれ違いましたがせっかくだからこの温泉に寄っていっていただきたいも
のです。

そして2湯目、肘折温泉郷の中にある黄金温泉カルデラ館。
炭酸泉いい湯だと聞いていたのだが・・・。
DSC05631.JPG
やはり一筋縄ではいかない肘折温泉である。工事のため休業中なのでありました。
オフィシャルっぽいサイトにも工事のことは書いてないしのんびりしたものですな。
はたして東北にいるうちにリベンジできるのだろうか?

もう一つなかなか難関な温泉があります。 その名は銀山温泉。 おしんの舞台だとか千と
千尋ののモデルだとかで有名なところなのですが一度冬場に雪降る中いってみたものの温泉
街の中は道が超狭く、駐車場もよくわからず撤退したことがあります。 なかなかの風情な
のですが宿泊しないとだめかなここは。
posted by やじう at 22:50| 宮城 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

東和温泉

岩手県花巻市、釜石自動車道の現在の終点「東和インター」そばの温泉施設。
宿泊施設と道の駅を併設しているので車中伯派にも使える場所かもしれません。遠野経由で釜石等の三陸側
にもアクセスしやすいです。 露天もあるのですが先日はCO2削減のためという理由でクローズでした。
本音のところは外がすごく寒いので凍結して転ばれても困るからなのかな。
一応かけ流しということになっていますが加温と消毒はしているような文言が書いてあったように記憶して
います。 設備は整っていてロッカーもあるし洗い場に石鹸類もあるので使える湯です。

オフィシャルサイトから抜粋
岩手県花巻市東和町安俵6-135
TEL 0198-42-4311
朝風呂(大浴槽のみ)7:00〜8:30まで(受付終了 8:00)

通常営業時間 ・夏期間(5月〜10月)10:00〜22:00(受付終了 21:30)

・冬期間(11月〜4月)10:00〜21:00(受付終了 20:30)

大人600円です。
posted by やじう at 23:44| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小原温泉 かつらの湯

平日に代休を取って行ってみました。
東北道を北上して宮城県に入って最初のインターが白石インター。そこから15分ほどR113を七ヶ宿方面に走ると
小原温泉。 今回行ったのは川沿いにある市営の岩風呂。 一時大雨で流されていたのを復活させたらしい。

DSC04936.jpg
外観

DSC04933.jpg
湯船

貸切状態で満喫。 ちょっと熱くて湯船から川は望めないけれども雰囲気はよいですね。
平日に行くのがよいのかも。

白石市観光協会から抜粋
場所:白石市小原坂上66
◇ 交通機関:東北道白石ICより車で15分
◇ 料金:高校生以上200円 小中学生100円
◇ 営業時間:8時〜18時
◇ 休日:年中無休(臨時休業あり)
◇ 駐車場:10台(無料)

posted by やじう at 23:29| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯坂温泉 共同浴場 波来湯(はこゆ)

もうすぐ東北5年目にして初めての飯坂温泉。
福島市内に仕事があるときには東北道の「福島飯坂インター」をしょっちゅう利用するにもかかわらず入る
のは初めて。 過去に一度寄ってみたものの駐車場が良くわからず退散したのでありました。
今回訪れたのは共同湯の中でも古くからある波来湯(はこゆ)であります。
以前は湯船しかない超シンプルな共同湯だったようですが昨年建物を建て替えてオープンしています
川沿いに建てられた立派な和風建築なのですぐに見つけられるでしょう。
道路から建物に入り階段を下りて券を買って入ります。小さな施設なのでロッカーは12個、カランは4個しか
ありません。 湯船は2個で熱い湯とぬる湯に分かれていますが熱い湯でもそれほど熱いわけでなく快適。
飯坂温泉はやたらと熱いという話を聞いていたのですがこれぐらいならOKです。

お湯はとりたてて個性のある湯ではありませんが上がった後もホクホクと暖かく冬の時期には良い感じです。

hakoyu_img01.jpg
写真はオフィシャルサイトから拝借

ちなみにこの飯坂温泉。日本で初めてラジウムが発見された場所のようです。
飯坂温泉で作った温泉卵は「ラジウム卵」としてみやげ物にもなっていて高速のSAなんかでもうっていまし
たし私も得意先でもらったことがあります。 最近売っているのかな?

セシウムは・・・どうでしょうね。だいぶ西側ですが全く無いとは言い切れないし今回線量計っていないの
でなんともいえませんね。

福島市飯坂町字十綱町30番地
火曜日定休 0600-2200
料金300円(大人)

posted by やじう at 23:03| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

舟形若あゆ温泉

二口林道から降りてきてふらふら。
本当は肘折温泉に行こうと思っていたのですが日帰りは早くに終わってしまうようす。銀山温泉にしても山形の
北部の古い温泉地はなかなか行きにくいです。

ということでiPhoneのアプリで探してテキトーに。

舟形若あゆ温泉

泉質、泉温ともによさそうでしたが残念ながら消毒、加水、循環でした。
設備は十分で洗いの湯としては使えそう。 キャンプ場も併設されています。
posted by やじう at 23:47| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

舟唄温泉 テルメ柏陵

毎月の事ながら月末はハード。加えて月初にものすごく時間のかかる書類とハードな納品が2件と会議が重なり
体中がバキバキ状態。ディープな温泉を求めて山形へふらりと行って来ました。

山形道を寒河江ICで降りて下道をトコトコ。寒河江SAのETC出口のほうが近いそうです。

NEC_0032.jpg
よくある日帰り温泉施設なのですがかけ流し。見た目は若干にごりがあって浴室には硫黄臭がたちこめていま
す。 分析書を見ますと21830mg/kgも残留物があります。 熱めの湯船とぬるめの湯船が2個あって子供つれて
いても大丈夫。 洗い場もちゃんとあってシャンプーとボディソープもあります。
脱衣所のにはロッカー有。 ここは使えますな。

風呂から上がって外にでると旅の自転車が2台。 とても良い雰囲気です。

posted by やじう at 23:14| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

鬼首温泉 せんとう目の湯


DSC03538.jpg

鬼首といえば間欠泉やら地熱発電で有名なのでそこかしこに温泉があるとおもいきや意外と少ない。
その上日帰り入浴は早い時間で終了となってしまうので遅くまで入れる「せんとう目の湯」へ

木造の建物に小さな湯船と露天が用意されている。掛け流しのようだ。
お湯は無色無臭で湯船は少々熱め。 露天はアブの攻撃が激しいので夏場は厳しいかも。 
シャンプーと石鹸あり。 ロッカーも脱衣室にある。

この温泉のすぐ上には芝でものすごく広いサイトを持つ吹上高原キャンプ場というところがあってなかなか
魅力的だ。 このキャンプ場にも温泉がついているのだが通常時期は18時で終わってしまうのでこの「目の
湯」があれば安心というわけです。 まあ鳴子までおりれば他にもあるのですが。


posted by やじう at 22:25| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

鳴子温泉 早稲田桟敷湯

雨の鳴子温泉。早稲田桟敷湯



不思議なデザインの建物の低い戸をくぐって階段を下りていくとそこが公衆浴場。
それなりに古びてはいるがこざっぱりとした感じです。

湯船には三本の給湯用の樋とようなものが壁面から出ていてこれには湯の花がびっしり。
お客さんもまばらでほとんど貸切状態で堪能いたしました。

昔ながらの温泉地だと車を止めるところに困るのですが、ここは湯めぐり駐車場から歩いてすぐなので便利
です。 情報ではシャンプーと石鹸は無しということでしたが備え付けられていました。
20時以降は少し安くなって350円だったかな?

早稲田桟敷湯
〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷124-1
TEL 0229-83-4751
入浴 7:30-22:00 500円
休憩(無料10:00-16:00)
無休

posted by やじう at 23:22| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

岳温泉

腰痛の前兆の様な違和感がしばらく前からありました。急に涼しくなったのが大きな理由だと思います。ふと仕事帰りに思い立ち、岳温泉に立ち寄ってみました。 酸性が強く温度も湯量も十分。つーか、熱過ぎだ。 みっちり体を温めて帰りました。
posted by やじう at 22:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

赤湯温泉 赤湯元湯

入湯料200円です。

KC380142.jpg

あまり期待しないで入ったのですが、2種類の源泉がかけ流し。
蔵王ほど硫黄臭強くないですが200円ならとても満足。
posted by やじう at 00:35| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

酸ヶ湯温泉 千人風呂

盛岡の得意先に寄って昼飯を食って出発したのが昼過ぎ。
青森市内の得意先に到着したのは3時半を回った頃だった。
ここの社長と今日は飲みに行く約束なのだが世間話と商談をしてもま
だ5時前。飲みに行くにはまだ早い時間だ。

社長曰く「酸ヶ湯でも入ってきなよ」

酸ヶ湯の名前は知っている。しかし青森市内から30〜40分でいけると
は思ってもみなかった。 こんなチャンスはまたとないので車を走ら
せるのでした。

PAP_0055.jpg

大きなひなびた建物の中に湯船が2つと打たせ湯。 
酸性が強く湯口では透明だけど白濁と蔵王に似た雰囲気であります。

青森市内からだと八甲田山を登って行く感じになるのですが途中の萱
野高原も良い雰囲気。酸ヶ湯にも萱野高原にもキャンプ場がありまし
た。 市内にも近いので調達にも便利だし南側には十和田湖があるの
でベースキャンプにすると良いかもしれません。

ただ、もうこの時期夜は涼しすぎるかも知れないですが。
posted by やじう at 23:59| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

山形蔵王温泉 新左衛門の湯

ジムニーに取り付けたETCの動作チェックと久々の運動で疲労した体を
癒しに蔵王温泉まで。
前回は一番上の方にある大露天風呂に行きましたが今回は・・・。
共同湯も考えたのですがああいうところはセキュリティが無さそう。
ジムニーも幌車なのでセキュリティなど無いので一番下のほうにあっ
て近代的な設備の「新左衛門の湯」に行ってみました。

感じ的にはよくある日帰り温泉設備です。
しかしさすがは蔵王。お湯は良いです。 湯口では無色透明ですが湯
船で白濁、硫黄臭強し。 湯船に注がれる湯量は少なめ。大人数が入
れる施設ですがこの湯量で循環しなくて良いのは酸度が高くレジオネ
ラの心配が無いからなのかなと推察します。恵まれてますね。

ちなみに内湯は水道水を沸かした湯です。これはもっぱら洗いに徹す
るためでしょう。 
露天はかけ流しと水道水でうめた湯と両方あります。 
源泉の温度が高いのとかなり強い酸性なので肌が弱い人には
厳しいのでうめた湯船も用意したということでしょう。 

ウチの息子と同じぐらいの子も入っていてここなら連れてこれるかな
と思います。 大露天風呂は湯上りでもホカホカというよりヒリヒリ
でしたがここはそこまではなりませんでした。上がり湯もあるので気
になるときは上がり湯浴びて出ればよいでしょう。

山形の得意先の人の話だと「蔵王温泉に入ると風邪ひかない」という
そうで子供の頃良くつれられて行ったそうです。
確かにこの酸性度なら新型インフルも死滅するかな?
posted by やじう at 01:16| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

蔵王大露天風呂

GWは終わりましたがカミさんと息子は実家に滞在中。
今日は土曜で天気がいいのもわかっていましたが惰眠をむさぼりぼん
やりと。 明日日曜は仕事なので夕方から活動開始。

山形の得意先の人に一回行ってみると良いよといわれていた蔵王温泉
へ行って見ました。 せっかくなので宮城側から上がってエコーライ
ン経由でアプローチするも時間かかりすぎて到着したら6時半過ぎ。
素直に山形蔵王ICからするべきでした。

到着すると営業が7時までだそうでカラスの行水モードで入湯。

zaouonsen.jpg

沢沿いに湯船があり源泉は上流に複数あるようで当然かけ流し。
適度な硫黄臭があって温度も適温。湯船もかなり広いのでいい感じ
です。 ゆっくりつかりたかったけど時間がないので15分ほどで上が
りました。 短い入浴だったのに上がった後も体がホクホクします。

このホクホクが4時間たった今でも腕の辺りに残っています。

でも待てよ、ここの泉質は酸性が強くPH1.4です。もしかして酸でやら
れた? まるで日焼けをした後みたいな感覚です。肌の弱い人は大丈夫なのだろうか?。 
私は大丈夫なんだけどカミさんや息子を連れてくるべきかについては
悩みますね。 かけ湯も温泉ぽかったし厳しいかも。
 
写真を撮ると怒られるみたいなので蔵王温泉観光協会さんから拝借しました。
posted by やじう at 23:55| 宮城 | Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

鳴子温泉

昨日に引き続き温泉探索。
取引先の人から薦められた宮城県北部の鳴子温泉に行ってまいりまし
た。高速を使うと1時間ちょっとでたどりつきます。 例年ならば雪が
積もっててノーマルタイヤでは厳しそうなところですが今日は全く問
題なし。 駅前の駐車場に車を止め共同湯の「滝の湯」へ
KC380051.jpg
小さな共同湯ですが浴室の床まで木造。暗めの浴室で泉源から丸太を
半分に割って掘ったような樋が背丈程の高さに設置されており湯船に
ざばざばとお湯が供給される。だから「滝の湯」なのか?
お湯は硫黄臭が強くはないがあり湯船では白濁する。建物の風情も泉
質もとてもいい感じであります。 
周辺にも東鳴子温泉・川渡温泉・中山平温泉・鬼首温泉といくつも温
泉地があり8種の泉質と400本以上以上の泉源があるそうな。
実際この「滝の湯」は酸性の湯だがすぐ隣の旅館の湯はアルカリだそ
うで続けて入るとタオルが黒くなるそうだ。
この周辺はじっくり散策してみたいですな。

posted by やじう at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

遠刈田温泉

KC380001.jpg夕方からぶらりと蔵王の麓の温泉へ移動。
道は概ねドライです。
posted by やじう at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

青根温泉共同浴場「じゃっぽの湯」

今週末は久々に完全オフ。ということで近所の温泉探索に行ってみま
す。 先日訪れた遠刈田温泉まで走ってさらに蔵王を登ります。
しばらく走ってみますが霧が濃くて景観どころではないので道を折右
に折れる。 しばらく走ると「峩々(がが)温泉」という百名湯に選
ばれている温泉もあるのだが1軒宿で車も多くとまっていたのでなん
となくパス。 国道まで降りたところでたまたま見つけた共同湯に入
ってみました。

R0018371.jpg
青根温泉共同浴場「じゃっぽの湯」 
源泉53℃掛け流し。無色無臭のさっぱりとしたお湯です。
建物は新しく、町内で切り出した木材を使って建てられたとのこと。
露天はありませんが浴室の窓から見える木々がいい感じです。
あまり知られていないのか地元の人ばかりといった感じ。洗い場が4つ
しかないので混むとキビシーかも。
posted by やじう at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

遠刈田温泉共同浴場「神の湯」

世間様は3連休、私は土日は福島で催事、今日は仙台市内で納品の手伝
い+催事の片付け。 16時前には家に帰れたのでどこかいくべと言う
ことで1ヶ月前に訪れた遠刈田温泉へ。 今回はもうひとつの共同湯
「神の湯」へ。
テレビでは毎日猛暑のニュースですが仙台は涼しいです。今日も24度
ぐらいしかなく「海の日」とは思えません。

R0018365.jpg
こちらはまだ出来て間もないようです。

R0018367.jpg
無料の足湯も。 天気もよくないので閑散としています。 

新しいだけあって内部もきれいだし天井も高くて木の香りがいい感じ
。 熱い湯船とぬるい湯船とありますが熱いほうは掛け流しのようで
すがちょいと熱すぎで入ってられないのでぬるいほうでマッタリさせ
ていただきました。 ここも料金は300円と銭湯並みです。

時間があれば蔵王の上の方まで行って見たいものですな。
posted by やじう at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

遠刈田温泉共同浴場「壽の湯」

今日は雨ではないもののすっきりしない天気。
自転車活動を1時間ほどしてみるが長袖でも寒いので退却。
なかなか走って楽しい道というのが見つかりません。

しばらく良質の温泉に入っていないので少しリサーチをして蔵王の東
にある遠刈田温泉(とうがった)にいってみました。
家から35km程なので一般道の田舎道を1時間程です。

R0018276.jpg

R0018277.jpg

木造の風情のある建物です。 65度の源泉を掛け流しているので湯船
のお湯は熱めですが天井も高いし窓から涼しい風が入るので快適で 
す。湯は若干茶色に濁っておりました。舐めると若干の塩味がありま
す。 

風呂に入ったらメシなんですが今日は腹減ってないのでパスしました
が情報をアップ。

たくちゃん情報ではそばがいいらしいですが検索してると良いネタがひとつ。
美鈴寿司のびっくり天丼です。
これは次回行かねばなりませんな。

ちなみに仙台FTまでだと50km位です。>北の大地方面の方。


posted by やじう at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする