2012年11月04日

バッテリーの突然死

仕事で使うプリンター用紙を買いにジープで最寄りの家電量販店へ。
買い物を済ませて車に乗り込みキーをひねると・・・・。「しーん」
耳を済ますとリレーボックスからジリジリと音がする。

まーしゃーないということでJAFに電話。 去年の夏山形でブレーキ引きづりで救援してもらったときに会員
になっておいたので気分は楽なのです。

30分ほどで救援到着。バッテリーですかねぇと電圧をあたるも12V以上。とりあえずバッテリーつないで
見ましょうということで繋いでキーをひねると一発始動いたしました。

ここ2ヶ月ぐらいほとんど乗っていなかったので弱っていたのかなと思い、帰りに30kmほど走って帰ってきて
駐車場に止めてエンジンを切るとまた全くダメなのでした。家から出かけるときによくまあエンジンかかったもん
だと思います。 不精して新車から4年半交換してないので突然死が訪れたということでしょう。

輸入車用のバッテリーって高いんだろうなあと憂鬱。 ま、それにしても遠出したときでなくて良かった。


posted by やじう at 21:42| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Jeep JK wrangler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僻地で突発的にバッテリーがダメになる経験をしまして、以降バッテリーは予防交換するものだ!と決めました・・・。
緊急用のスターター(ディープサイクルバッテリー)買おうかと思いましたが、結構高いんですよねー。
安価なヤツだと大きいエンジンは起動できず、重機用になっちゃう...。
Posted by たくや@いえ at 2012年11月04日 22:16
弊車も結構やばい状態が続いておりバッテリー死ぬと涙でますが昨年小型の充電器で何回か長時間充電を掛けたら結構復活しました。
今年もこれで乗り切ろうかと(汗)
ただバッテリーって鉛の部分が脱落してしまったりという物理的な破損もあるのでなかなか判断難しいですね(この時は何をやっても10vから上にいかなかったです)。
Posted by ディーゼル(24V)の寒冷地仕様な人 at 2012年11月05日 23:04
私の場合はセルモーターでした。ブラシが磨耗して、バッテリもリレーも生きてるのに回らない。セルモーター本体をモンキーとかでたたくと一時的に復活したり。
もうあと何年乗れるかわからないけど、セルモーターを新品にいたしました。すでに延べ修理費用は車両本体価格を超過しています(^^;)
Posted by と at 2012年11月11日 14:25
皆様レスありがとうございます。
多忙の極みでまったく手を付けられずです。
あっという間に一か月・・・。来週には復活できるかな? でもこんな調子だと交換してもまた同じことが起きそうです。
Posted by やじう at 2012年11月27日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。