2010年12月23日

PlugPlayerでAirPlayしてみる

以前のエントリの検証。

PlugPlayerのサーバーはNAS、レンダラーはiPhoneにしてAirPlay。再生するのははNASにおいてある
AppleLosslessのファイル。AirMacExpressから光デジタル出力をしてCDプレーヤーのデジタル入力に接続。

Picture 1.jpg

我が家のスピーカーはかつてはイギリスの国営放送のモニタースピーカーだったらしいRogers LS3/5Aというや
つなのですが今となってはかなりマターリとした部類のスピーカーなので判断が難しいのですが一般的なレベル
ではなんら問題ないでしょう。 ただ、気合いの入った環境だと気になる部分が出てくるだろうと思います。

難点といえばiPhoneで別の操作をすると音が途切れることがあるということ。これは今後改善されることを祈ります。

所有しているCDをすでにAppleLosslessにエンコしてしまった私にとってはパソコンを立ち上げることなく
iPhoneのみでNASにしまってあるファイルを再生できるのはありがたいことなのです。


posted by やじう at 01:53| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「plugplayer,nas, air play」
と検索するとこちらにヒットしました。
やはりplugplayerがポイントみたいですね。
様々なair playの再生のやり方が、ありますが、
PCを立ち上げず、直接NASから手元のtouchなどで操作できるこの方法が一番いいかもしれません。
まだ、PC,i-Pod,NAS,AppleTVorAir mac Express,ネット環境など全然機器は揃えていませんが、こちらのブログも参考にさせていただきます。
ちなみに、NAS,スイッチングHUB,ルータ,などを選ぶポイントがよく理解できていません。NASなどはバッファローでi-tunes対応とか注意していればいいのでしょうか??今から機器選びに悩みそうです。
初コメントながら長文失礼しました。
Posted by ぶろんそん at 2011年04月09日 12:45
>ぶろんそんさん
NASはまれにメディアサーバー機能の無いものがあります。 今どきであればREGZA対応とかiTunesサーバー機能とか書いてあれば問題ないでしょ
う。
バッファローしか使ったことありませんが転送速
度的には音楽再生だとなんら問題ありません。
ただ、いきなりの停電とかあるとシステムが壊れ
るみたいでダメになる例は聞いたことがあります
ので計画停電がある地域であれば注意した方がい
いと思います。

その他の機材についてはいまどきのものであれば全く問題ないと思いますがうちは面倒なのでappleに囲い込まれてみました。(でもPCはXPです)

このエントリで紹介している方法はかなり変則的
なので安定性や音質的には厳しい面もあります。 現状ではPCを立ち上げておいてiOSデバイスでRemoteするのが良いかもしれません。

appleがiPhoneとNASでAirplayできるようにしてくれると良いのですけどね。

Posted by やじう at 2011年04月11日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。