2009年08月23日

山形蔵王温泉 新左衛門の湯

ジムニーに取り付けたETCの動作チェックと久々の運動で疲労した体を
癒しに蔵王温泉まで。
前回は一番上の方にある大露天風呂に行きましたが今回は・・・。
共同湯も考えたのですがああいうところはセキュリティが無さそう。
ジムニーも幌車なのでセキュリティなど無いので一番下のほうにあっ
て近代的な設備の「新左衛門の湯」に行ってみました。

感じ的にはよくある日帰り温泉設備です。
しかしさすがは蔵王。お湯は良いです。 湯口では無色透明ですが湯
船で白濁、硫黄臭強し。 湯船に注がれる湯量は少なめ。大人数が入
れる施設ですがこの湯量で循環しなくて良いのは酸度が高くレジオネ
ラの心配が無いからなのかなと推察します。恵まれてますね。

ちなみに内湯は水道水を沸かした湯です。これはもっぱら洗いに徹す
るためでしょう。 
露天はかけ流しと水道水でうめた湯と両方あります。 
源泉の温度が高いのとかなり強い酸性なので肌が弱い人には
厳しいのでうめた湯船も用意したということでしょう。 

ウチの息子と同じぐらいの子も入っていてここなら連れてこれるかな
と思います。 大露天風呂は湯上りでもホカホカというよりヒリヒリ
でしたがここはそこまではなりませんでした。上がり湯もあるので気
になるときは上がり湯浴びて出ればよいでしょう。

山形の得意先の人の話だと「蔵王温泉に入ると風邪ひかない」という
そうで子供の頃良くつれられて行ったそうです。
確かにこの酸性度なら新型インフルも死滅するかな?
posted by やじう at 01:16| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。