2011年11月25日

出張に便利


仕事中に見つけたなかなかよろしいアイテム。
出張中、ホテルのデスクはコンセント足らない事が多いのでこの手のものはあると助かる。
これだけ小さくて4個口取れるのはなかなか無いのです。 カバンに1個入れておくと便利。
posted by やじう at 23:03| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

冬支度

タイヤ交換と定期点検を完了
probox.jpg
posted by やじう at 02:48| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯館村

原町から福島市に移動するため県道12号を飯館村経由で移動。
海から離れ、山に向かっていくにしたがって線量が上がっていく。

飯館村での線量。(日付は狂ってます)
iidate.jpg

2.5μSV/hでアラームが鳴るようにしているのだが初めて鳴った。 最近中通りだと車の中の計測では
1μSV/hを超えることはほぼ無くなった。3倍近く汚染されていることになる。

ほとんどの住民は避難してしまっているのだろう街灯はついているのに明かりがついている民家はほとんど
ない。ここでは「がんばろう」とか「負けない」なんていう戦時中のスローガンみたいなのは虚しく響く。

posted by やじう at 02:47| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

南相馬市原町区2

2ヶ月ぶりに福島県南相馬市原町区を訪問。地元や周辺の人は単に「原町」と呼びます。
9月末に「緊急時避難準備区域」解除となった町ですが相変わらずの状態。
イエローハット、ユニクロ、カインズホームなんていうビッグネームもいまだ店を開けていません。
コンビニやスーパー、100均、GS、家電量販店、ツルハ、しまむら、などは営業していてとりあえず困らない
程度よりはずっとマシな生活できそうな状況です。

けれども一度そのこれまでのバランスが崩れてしまうと、

1.住民が戻らないから店を開けない。
2.店が開いていないので戻らない。

の無限ループに陥っているように見える。

このあたりはまだまだ時間がかかりそうです。
ちなみに放射線量は6号線を走っている限りでは問題ないレベルと判断しています。仙台とさほど変わらない
レベル。 中通りよりずーーっと良好な状態です。
posted by やじう at 00:13| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

男鹿半島

10月の初めに秋田に納品に行った帰りに得意先の社長に男鹿半島を案内してもらいました。
天気は良くありませんでしたが水もきれいで良いところです。
androidapp/71111117233910-2114444556.png

このあたり1983年日本海中部地震で6mの津波が来たそうです。日本海側って津波が無いように思いますが過去に
あったのですね。 うちの実家も日本海側。家から海は見えませんが地図で測ってみたら海岸線から2kmしかあ
りません。 10m級の津波が来たらほとんど平地だし逃げるとこないな。
posted by やじう at 23:37| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

かつての女川

仙台に赴任して直後の2008年6月1日。
まだ息子が生まれる前、カミさんとジムニーで出かけた女川。
そのときアップしたブログには食べ物しかあげていなかったがちゃんとそれ以外の写真も保存されていた。

R0018241.JPG

R0018242.JPG

先週(2011年11月7日)のエントリの一枚目の右の建物、マリンパル女川の2階からの撮影したと思います。
穏やかな港町でした。 カメラはGR DIGITALだったかな。 

posted by やじう at 01:12| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

試し撮り

喜多方にて
DSC04006.jpg
Super-Takumar 35mm f2
なんとも昭和テイスト。f8まで絞っていたはずだが。
逆光だとフレアが出まくり。フードが必要なのかな。
posted by やじう at 22:46| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Super-Takmar 35mm f2

DSC03990.jpg

なかなか出てこないこいつをついに捕獲。初期型のフィルタ径67mmの巨体です。 たぶん私より年上です。
Super-Tamkmar 50mm f1.4をほほしばらく使っていました。いい感じに撮れるのですがもう少し広角だとうれし
い状況も多くてこいつを狙っておりました。 NEXだとだいたい標準レンズ相当の焦点距離になります。

今週末は帰省するのでいっぱい写真とってこようと思います。
posted by やじう at 02:17| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

宮城県北方面

震災以降足を踏み入れていない宮城県北の沿岸部に行ってみました。

i00012.jpg
マリンパル女川。 仙台に赴任して最初に遊びに行ったのはここでした。
最後に来たのは去年の今頃。仕事で来てマリンパルの2階で昼メシを食べた記憶があります。

i00006.jpg
マリンパル横の鉄筋4階建ての建物。津波の威力の凄まじさを物語る。

i00124.jpg
少し北に走って雄勝。 2階建ての建物の上にバスが。

この後、志津川、気仙沼、陸前高田と見て回りました。暗くなってしまったのでよく見えたわけではありま
せんが陸前高田のダメージは想像以上のものでした。


posted by やじう at 00:34| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

仙台市 若林区 荒浜地区

仙台の街の中心部は海岸線からかなり離れています。 仙台平野の山側の地形を生かしたところに城が築か
れたのが理由と思われますが当時主力だった船での運搬は太平洋側の阿武隈川河口から石巻の北上川河口ま
で堀をめぐらし、名取川、広瀬川を経由して現在の地下鉄河原町近辺の堰場、舟町あたりに荷を降ろしてい
たようです。当時の奥州街道もその辺りを通っていたようで周辺に材木町、鍛治町、穀町、畳屋丁など城下
町らしい名前や外敵の進入を遅らせるクランクなどがあってなるほどなと思わせます。 「町」と「丁」は
前者が町人の住むところ後者が武士の住むところだったようですが畳屋丁ってなんなんでしょうね。 戦が
無くて暇な武士が「畳でも作るべ」となっていたのでしょうか。
 
また北のほうでは七北田側の水路もあったようですが地名から読み取れるものは見つけられず堀経由で名取
川、もしくは現在では地図で読み取れない過去あった堀で運ばれたのかもしれません。
今回訪れたのは名取川と七北田川の真ん中ぐらいの若林区の荒浜です。
この荒浜にしても閖上にしても沿岸部にあまり大きな集落の無い仙台湾ですが古くから集落があったと私に
感じさせるのはこういう歴史的背景があるのではないかと思います。


DSC03929.jpg


DSC03936.jpg
仙台っ子の夏のオアシス深沼海水浴場も今年は開かれることはありませんでした。
瓦礫もそうですが下水処理場も被災しての処理能力も足りない、東京電力福島第一原発から100kmしか離れて
以内とかもろもろの理由でまあ泳ぎたい人は居なかったのではないかと思います。

DSC03938.jpg
浜にでて北を望む。

DSC03939.jpg
浜に出て南を望む。
砂浜はむしろ引き波で洗われて何もない状況。


DSC03940.jpg
仙台中心部方面を望む。
かつては一体どこに車を止めれば良いのかわからないほど家があったのだが。
結局泳ぎに来ることもありませんでした。

DSC03943.jpg
荒浜小学校
2階部分までは損傷が確認できる。 校庭は2輪車や農機具の「瓦礫」置き場になっている。

DSC03945.jpg
体育館は壊滅状態。 またこの体育館に子供たちの声が響く日がくるのだろうか。
posted by やじう at 23:37| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

舟形若あゆ温泉

二口林道から降りてきてふらふら。
本当は肘折温泉に行こうと思っていたのですが日帰りは早くに終わってしまうようす。銀山温泉にしても山形の
北部の古い温泉地はなかなか行きにくいです。

ということでiPhoneのアプリで探してテキトーに。

舟形若あゆ温泉

泉質、泉温ともによさそうでしたが残念ながら消毒、加水、循環でした。
設備は十分で洗いの湯としては使えそう。 キャンプ場も併設されています。
posted by やじう at 23:47| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二口林道

仙台の奥座敷と紹介されることの多い秋保温泉のさらに奥に峠越えをして芭蕉の句で有名な山寺に抜ける林道
がある。しかしこの林道は崩落などが多くずいぶん前から通行止めになっていて幻の林道となっていた。
すでに山形に抜ける道はいくつもありこの道は無くても物好き以外は困ることがない道なのでもう通ることは
できないだろうとあきらめていた道でした。

ところがなんと12年ぶりにいきなり開通。 3月の震災の後うちの近くの道路工事は完全に止まっているという
のによくまあ修繕できたものだ。

というわけで行って参りました。 事前情報として渋滞気味だとは聞いておりましたが。

DSC03910.jpg
沢沿いに上っていく私好みの林道なのですが林道での渋滞を初体験してきました。
普段林道など走らない車がいっぱい。路肩で亀になっているパジェロが居たかと思うとJAFに牽引されるミニ
バンまでいてぐじゃぐじゃでした。 のんびり楽しむどころではありませんでした。

DSC03914.jpg

通れるのは今週日曜まで。
rindoufutakutisenH231020.jpg

来年も開通してくれたら空いたころを見計らってもう一回云ってみたいところです。
posted by やじう at 23:34| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 林道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする